カレンブロッソの履物は、和装の作法に即し踵と小指を履き零した状態を想定してサイズ表記をしております。

 普段着の着物や浴衣、甚平や作務衣などと合わせて草履・雪駄としてお使い頂く場合には洋装の靴のサイズをサイズと共に併記しておりますのでそちらをご参考下さい。

 また、サンダルとしてお使い頂く場合や、踵を納めて履きたい場合にはワンサイズ上の商品をオススメしております。

 歩く際には鼻緒の先坪部分をサンダルのように指の又の奥にまで入れて履くのではなく、親指と人差し指で摘むようにして履くと指や甲が痛くなり難いです。
 和の香りを楽しめる伝統的な草履型。

 古典的な草履と同じ形状ですので、様々なお着物に合わせて頂けます。
生地や帯色と合わせたり、逆に足元だけは色を外してみたりするのも粋でお洒落です。

 薄台の高さタイプもございますのでジーンズやチノパンなどのパンツルックやスカートの足元に幅広くお使い頂けます。
サイズ タテ ヨコ
(最長部)
台の高さ
S 23cm 7.5cm 低:3cm
高高:5cm
M 24cm
L 25cm 8cm
 草履を元にした形状。

 古典的な草履と同じ形状で和装に合わせるのに最適です。

 鼻緒や天生地を着物生地や帯色と合わせたり、逆に足元だけは色を外してみたりするのも粋でお洒落です。
サイズ タテ ヨコ
(最長部)
ヨコ
(踵部)
台の高さ
(最高部)
S 23 cm 9cm 7cm 低:3.5cm
高:4.5cm
M 24cm
L 25cm
 洋装のミュールを模した形状。

 洋装に違和感なくお使い頂けます。

 鼻緒や天生地の組合せ次第で和のテイストを取り入れることも可能。

 外しアイテムとして和装に合わせても面白い形状です。
サイズ タテ ヨコ
(最長部)
ヨコ
(踵部)
台の高さ
(最高部)
S 23cm 8cm 6.5cm 3.5cm
M 24cm
L 25cm
 カフェぞうり「R」シリーズとして展開しているレディース唯一の角型モデル。

 下駄を彷彿とさせる特徴的なシルエットです。

 ※Mサイズのみのお取り扱いです
サイズ タテ ヨコ 台の高さ
M 24cm 7.5cm 最高部 5cm
 それぞれの形状で長い鼻緒・短い鼻緒ともにお選び頂けます。
 好みやシーン、合わせる衣服に合わせてお選び下さい。

 ※別注費用がかかりますので、金額及びお見積りにつきましてはメールにてお問い合わせ下さい
 
 雪駄を元にした形状。

 古典的な雪駄と同じ形状で和装に合わせるのに最適です。

 鼻緒や天生地を着物生地や帯色と合わせたり、逆に足元だけは色を外してみたりするのも粋でお洒落です。

※S、LLサイズは別注扱いとなり、商品価格に+¥1,080(税込)がかかります。
資材状況によりお作り出来ない場合がございます。ご検討の際は一度お問合せ下さい。
サイズ タテ ヨコ
(最長値)
台の高さ
S 25cm 9.5cm つま先 3 p
最高部 3.5cm
M 26cm 10cm 最高部 3cm
L 27cm 10.5cm
LL 28cm 11.5cm
 下駄を彷彿とさせる特徴的なシルエット。

 和装で着崩したり傾くのに最適なインパクトのある形状。

 四角い形状で接地面積が広い分、安定感がありますが、内側をぶつけ合い脱げてしまいやすいので、歩くときは蟹股気味で雄々しく歩くのがコツです。
サイズ タテ ヨコ
(最長値)
台の高さ
(最高部 )
M 26cm 10cm 3cm
L 27.5cm 11cm
 イタリア靴をモチーフにした特徴的なシルエット。

 シャープなデザインでざっくりと浴衣を着る時などに合わせると、洒落た雰囲気を一層引き立てます。

 一見不安定な形状に反して非常に歩きやすく足が疲れにくいのも特徴です。
サイズ タテ ヨコ
(最長値)
ヨコ
(踵部)
台の高さ
(最高部)
M 27.5cm 8cm 6cm 3cm
L 29cm
 カレンブロッソの履物は、底を糊で貼り合わせておりますので購入後のすげ調整や鼻緒のすげ替えは一切お受け出来ません。

 すげ加減に関しましては職人の手の感覚とはなりますがご注文時に「ゆるめ」、「きつめ」などご指定頂くことが可能ですのでご注文前に上記のサイズを確認の上、お足に合ったすげ加減をご指示頂けますようお願い致します。

 お幅広の場合には"すげを「ゆるめ」"で、甲高の場合には"先坪とすげを「ゆるめ」"で、小足の場合には"すげを「きつめ」"と備考欄 にお書き添え下さいましたら指定に合わせて誂えさせて頂きます。
 また、お手持ちの履物がある場合にはそちらを弊社までお送り頂くか、鼻緒と先坪の実寸をお測り頂くことで同様のすげ加減にお誂えさせて頂く ことも可能です。
 ご購入直後はすげをキツく感じることがございますが、履き慣らすことで鼻緒や台が足の形に馴染んでいきます。

 履き始めの頃にキツくて痛いと言う場合は、鼻緒と台の間に手を入れて頂き、手の甲で鼻緒を押し上げて頂くことで鼻緒を多少なじませることが可能ですのでお試し下さい。
 草履や雪駄と異なりEVA素材の台の高さを貼り合わせておりますので、鼻緒が路面の水を吸い上げて足袋や靴下、足を汚すことがありません。

 なお、天生地の素材によっては水濡れによる「ヨレ」、「変色」、「退色」、「色移り」が起こる場合がございますので、雨天時のご利用はなるべくお控え頂けますようお願い致します。
※安全のためにお守り下さい。
・履物は目的に合わせて使い分けてお履きください。用途に合わない履物では本来の機能が発揮できないため、転んでケガなどをする場合がございます。
・ご自分の足のサイズに合わせ、無理のない履き心地の良い履物をお求めください。足にあわない靴を履くと、靴ずれ、痛み、疲れなど、健康を損なう原因ともなります。
・台の高さ材は、気候や床の材質により、まれにすべることがありますのでご注意ください。
・台の高さ材に使用している一部の素材は長期保管すると、使用回数に関わらず経年変化を生じて破損する場合があります。履く前にご確認ください。
・油のひいてある場所でのご使用は、なるべく避けてください。
・発汗などによって、かゆみ・かぶれ等を感じたときは、すぐに使用をやめてください。
・製品の性質上、海・プール等の水辺はお避けください。また雨天時のご使用もなるべく避けてください。
・汗や雨などで湿った状態、または摩擦によって色落ちすることがありますのでご注意ください。
・火のそばに置くと軟化、変形することがあります。
・乾燥させるときは、陰干しにしてください。

履物に使われている各素材の特性や特徴、お手入れ方法につきましてはページ上部の 「お問い合わせより」タブよりお気軽にお問い合わせください。